しあわせの花飾り

  • UMAHANA online shop
  • UMAHANA facebook
  • 大谷幸生 facebook
  • しあわせの花飾り
  • U Pasific Small Project

いちご、ほおずき、コシヒカリ。北海道から沖縄まで、
全国都道府県をぐるっと回り、農家や職人のみなさんに花で笑顔を届けます!

『ハワイアン・レイメイキング2 笑顔の花飾り』(ポプラ社)

定価1500円(税別)

「土地の花はその場所に捧げるもの」――そんな伝統を持つハワイアン・レイメイキング。日本の数少ないレイメイカーであり、フラワーアーティストとしてさまざまなイベント、ワークショップで活躍する著者が、かねてから考えていた「日本各地の花を訪ねる旅」を3年近くかけて決行!! 青森ではリンゴの花をつかったレイを農家の老夫婦に、高知では土佐和紙職人へミツマタのレイを、と全国にちなんだ花、人との出会いを温かく重ねました。

◆草花を編みこむレイで、僕がいちばん大切にしているのは育てた人、土地への感謝の気持ち。◆大忙しの農家の人も、ぶっきらぼうな職人さんも、最後はにっこり笑ってくれる。僕にとって、かけがえのない時間でした。◆花や植物たちの編み方は、育つ姿や農家の人から伺った話をもとに考えます。作りこみすぎないよう、本来の魅力をなるべくそのまま伝えるお手伝いができたらと思っています。◆編んでいる最中、おばあちゃんがいろいろな話を聞かせてくれました。厳しい環境にじっと耐えていく、僕にはけっして勤まらない仕事。(本書より)◆

amazonで『ハワイアン・レイメイキング2 笑顔の花飾り』を見る

日本で初めてのレイメイキングブック

『ハワイアン・レイメイキング しあわせの花飾り』(ポプラ社)

定価1500円(税別)

パンジー、あじさい、桜、かえで。生花だからもっと愛しい、
初めてのレイメイキングブック。

花に携わる仕事をしていて、もっと多くの方に花を身近に感じてほしいと感じていたときに僕はレイと出会いました。
花を器に飾り眺めることにはない、五感で感じることのできる花の魅力に心を奪われました。

地元でフラを学ぶ人たちに出会い、そこでダンサーにとって生花で作られたレイの大切さや、生花をつける機会が少ないこと、そしてハワイの人たちの花との関わり方を知り、日本でももっと生花のレイをつける機会が増えたらと思い、レイ作りを学び始めました。

この<しあわせの花飾り>を執筆するにあたって、ただ作り方をなぞるだけでなく、僕の学ばせていただいている全てのことをお伝えするとともに、<しあわせの花飾り>を一人でも多くの方に感じていただけたら僕も幸せです。

amazonで『ハワイアン・レイメイキング しあわせの花飾り』を見る

大谷幸生

【著者プロフィール】

UMAHANA、大谷幸生。1969年神奈川県生まれ。フラワーアーティスト。レイメイカーとして第一線で活躍。東京と大阪にレッスンスタジオを持ち、全国のフラ・イベント、地方各都市でのワークショップなどで活躍。レイ作りを通して日本の花を元気にしたいと花の栽培農家や全国自治体との交流も積極的に行っている。